事業計画

【やまね酒造 酒蔵経営合宿のご案内】

やまね酒造 酒蔵経営合宿

対象:やまね酒造をもっと知りたい人、やまね酒造を応援してみたい人、将来酒蔵経営をしてみたい人、酒蔵経営に興味のある人、酒業界の人など

内容:現役酒蔵である「やまね酒造」の酒蔵経営状態(決算書や月毎の売上、仕入れ価格、現在の販路など)を可能な限り公開し、これからのやまね酒造の経営計画はじめ酒質設計や販路等、目指すべき方向性を「やまね酒造 酒蔵経営合宿」を通して参加者の皆様と考えてまいります。

やまね酒造の生々しい現実も含め、やまね酒造を通して現在、酒蔵業界が置かれている現状や、様々な酒蔵の取組みについても参加者の皆様と共有してまいります。

※酒蔵経営合宿で入手した情報は守秘義務が発生いたします。
※合宿当日、守秘義務契約書を「やまね酒造株式会社」と締結いただきます。
※参加者様から出た意見を必ずしもやまね酒造の経営に採用するということではございません。予めご了承ください。

開催日:次回開催日は現在、調整中です
申し込み先:yamaneshuzo@gmail.com
①参加人数、②お客様のお名前をご記載の上、上記メールアドレスまで、メッセージをお願いいたします。
予約締切:次回開催日は現在、調整中です
開催頻度:2か月に1回程度
参加費:30,000円(税込)
※参加費に含まれるもの:宿泊費、夕食代(参加者の皆様で鍋-10~3月-またはBBQ-4~9月-をします)、酒代、お土産(やまねのみのり300ml×1本)
※合宿に複数回参加ご希望の方は、2回目以降参加費は25,000円(税込)となります。
※民泊(やまね蔵人の宿)以外の宿泊先もご紹介させていただくことが可能です。ご希望の方はお気軽にお問合せください。
やまね酒造 酒蔵経営合宿に関するお問い合わせ先(若林):yamaneshuzo@gmail.com

定員:6名(最小開催人数1名)
※客室が2部屋(101号室:最大4名様 102号室:最大2名様)となるため、宿泊者は限定2組(複数人もしくは個人)となります。

合宿スケジュール

1日目

15:00 やまね酒造集合 民泊チェックイン
15:30 合宿スタート 社長挨拶(若林福成)
15:35 自己紹介(合宿参加者様からもご挨拶いただきます)
15:45 やまね酒造について(飯能の自然と生物多様性と歩む酒蔵経営)
16:15 休憩
16:30 酒蔵業界の現状(海外市場の動向~米国LAのサケマーケットフィールド調査報告とJOY OF SAKE in Honoluluに参加して~)
17:00 やまね酒造の経営状況について
17:30 やまね酒造が目指すべき酒蔵像とは
18:45 休憩
19:00 夕飯(やまね酒造が製造したお酒をはじめ様々な酒蔵のお酒を飲みながら参加者同士で親睦を深めます)
21:00 合宿1日目閉会挨拶(若林福成)
21:05 就寝に向けての準備(入浴など)

2日目

8:00 やまね酒造 合宿2日目スタート
8:05 朝の挨拶(若林福成)
8:10 焚火を囲んで珈琲&朝食(昨日の振り返り)
8:45 民泊チェックアウト
8:50 散歩(ニホンヤマネの生息環境に触れていただきます)約2km歩きます
10:00 休憩
10:15 酒蔵見学もしくは酒造り体験
11:00 休憩
11:15 やまね酒造のこれからの取組みについて考えよう
12:30 休憩
12:40 昼食
13:30 やまね酒造酒蔵経営ビジネスプラン発表(ひとり約5分程度)
14:00 まとめ
14:10 やまね酒造酒蔵経営合宿終わりの挨拶
14:15 やまね酒造酒蔵経営合宿終了 解散

※合宿スケジュールは変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

【やまね酒造 酒蔵経営合宿 参加者様の声】

2023年1月21日22日参加者様S氏
 この度は、このような機会を賜りまして感謝いたします。
しかも第一期生ということで更に大変光栄に思います。
 私は自分のお酒を造ってみたいという志をもって第2の人生を歩み始めたところこの合宿に出会いました。
 社長は非常に親しみやすくまるで長年知り合っていたかのような感じさえ覚えました。一緒に受けた大学院生も同じく親しみやすく、楽しみながら受講できたおかげであっという間の2日間でした。
 講義内容も実際の数値、実際やってきたことに沿って教授していただけたので、最初、自分は無理だろうなあ!と思っていましたが終わってみると自分でも醸造所立ち上げることができるつもりになれました。
 合宿に参加される方は、私と同じように醸造所立ち上げ志ある方におすすめです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。